朝起きた時に手がしびれていた…という経験はありませんか?また、なんだか痛みも伴う…なんてことはありませんか?

手のしびれの原因には様々なことが考えられますが、中には危険な病気が隠れている場合もあります。ここでは、手のしびれの原因や主な病気について説明していきたいと思います。

手のしびれ

手のしびれが起こる原因は一つではなく、その原因によってしびれの程度・しびれ方の種類・しびれるタイミング・しびれの場所なども様々です。

手のしびれが起こる主な原因は脳や脊髄の病気または神経の圧迫によるもの内科的疾患、さらには血流不良によるものなどが考えられます。

手がしびれる主な原因

脳の病気

…一過性脳虚血発作・脳出血脳梗塞くも膜下出血脳腫瘍など

脳血管が出血したり詰まったりしてしまうと、脳細胞に血液が行き渡らなくなり、それによりダメージを受けた脳の場所によって様々な障害を引き起こします。
これが運動機能をつかさどる場所や手足に関係する場所であった場合、手足がしびれることがあります。

このような脳の病気の場合は、手足のしびれのほかに吐き気・嘔吐・頭痛・ロレツが回りにくい・体の一部が動かしにくい・めまいなどの症状もあらわれます。

脳の病気は命の危険に関わることもあるため、このような症状がないかも合わせて確認し、もしあるようなら早急に病院を受診しましょう。

脊髄の病気

…脊髄腫瘍・脊髄損傷など

脊髄とは、脳からの指令を伝達する神経の束であり身体の中でも重要な役割を担っています。
そのため、腫瘍や損傷などでこの神経を圧迫するとうまく機能しなくなり、手がしびれるといった症状があらわれます。

椎骨椎間板による神経の圧迫

…変形性頸椎症・頸椎椎間板ヘルニア・頸椎後縦靭帯骨化症など

人間の身体には、一般的に背骨と呼ばれている脊椎というものが存在します。
この脊椎は頸椎(首)、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎という椎骨で形成され、それぞれの間には骨と骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板が存在しています。
この椎間板が何らかの圧力によって飛び出し、それによって脊髄や近くを通っている神経を圧迫することで手のしびれが起こることがあります。

また、加齢に伴い椎間板が変形しそれにより神経を圧迫することでもしびれは起こります。

末梢神経の圧迫

…胸郭出口症候群・手根管症候群・肘部管症候群など

腕や手の動きを支配する末梢神経や、血管が通る道が狭かったり圧迫されたりすることでしびれが起こります。

このタイプの手のしびれでは、体型や職業(よくする動き)などによっても原因が異なります。
例えば、なで肩や重いものを運ぶ労働者・肩の下がっている人腕や肩周りの動きを支配する神経や血管が通る隙間(胸郭出口)が狭くなることでしびれが起こります。

手首をよく使う人や腱鞘炎・むくみなどでは手先に伸びる神経が通る隙間(手根管)を圧迫することでしびれが起こります。
またガングリオン(主に手首などの関節にできやすいゼリー状の物質がつまったコブ)や腫瘤(血液や老廃物などの塊・コブ)・加齢による骨の変形けがなどで肘の内側の神経が通る隙間(肘部管)を圧迫することでもしびれは起こります。

血流不良

肩こり筋肉痛などで、筋肉が凝り固まり血液の流れが悪くなることでもしびれが起こるとされています。

広島西区整体 大元気整体