あなたの肩こり一発解消 ブログ

肩こりとは?

「肩こり」は身近な症状の1つですが、実は、明確な定義はありません
人それぞれが「こり」「張り」「重だるさ」「こわばり」「つっぱり感」「痛み」「違和感」などを表現している言葉なのです。肩の症状とともに、頭痛や吐き気を伴うこともあります。

不思議なことに、欧米では日本で言う「肩こり」と一致する症状名はありません。「肩こり」の概念自体がなく、日本独特の症状名です。

肩こりが起こるメカニズム

「肩こり」に一番関係する筋肉は、首の後ろから肩〜背中にかけての筋肉で僧帽筋(そうぼうきん)と呼ばれている筋肉です。僧帽筋より深い位置には肩甲挙筋や頭・頚板状などがあり、これらの筋肉が重さ5〜6キロの頭を支えています。重たい頭を支え、腕を動かしたりする際にも使われるため、肩の筋肉は常に緊張しているのです。

筋肉は緊張し疲れることで硬くなります。硬くなると筋肉内を通っている血管を圧迫して血液の循環が悪くなります。血流が減り、筋肉に充分な栄養がいきわたらなくなると筋肉疲労がたまります。筋肉疲労がたまることで、ますます筋肉が硬くなり、「肩こり」を起こします。筋肉が硬くなり末梢神経を圧迫すると、しびれや痛みが起こることがあります。

肩こりの原因

では、どうして筋肉疲労がたまり、血行不良や抹消神経障害が起こるのでしょうか。
「肩こり」の原因は大きく下記の3つに分類する事ができます。

日常生活で受ける負担

  • 姿勢の悪さ、長時間の同姿勢
  • 運動不足
  • 冷え
  • なで肩・ストレートネック
  • 精神的なストレス

「肩こり」を訴える患者さんの大多数は、姿勢やストレスといった日常生活に関わることが原因となっています。姿勢の悪さや運動不足は、典型的な「肩こり」の原因となります。特にデスクワークの方は、同じ姿勢で作業をしたり、パソコンの画面を凝視したりする事により疲れがたまりやすくなっています。

最近では、スマートフォンの長時間操作によることで、若年から中高年の多くの方に「肩こり」が見られています(スマホ肩・スマホ首)。

その他、精神的なストレスも「肩こり」の原因になる事があります。精神的なストレス受けると、交感神経が優位となり、特に首から肩にかけての筋肉が緊張し、「肩こり」が起こります。

また、冷房による冷えやなで肩であることも「肩こり」の原因になります。

広島西区整体 大元気整体