あなたの肩こり一発解消 ブログ

四十肩五十肩について

四十肩や五十肩は別名「肩関節周囲炎」と呼ばれており、肩関節周辺が炎症を起こすことで肩が痛み、関節の動きが制限される症状を言います。肩が上がらなくなり、症状によっては髪をセットしたり、服を着替えたりすることが難しくなる場合もあります。

40代~50代の中高年以降に発症することが多いためこのような病名がついていますが、普段から運動などをしている健康な人でも、運動不足でメタボ体質の人も発症することがあります。

身近な病気であるものの、はっきりとした原因は明らかにされていない四十肩や五十肩ですが、関節を構成する骨や軟骨、靭帯などが老化し、肩関節の周辺組織に炎症が起こることで痛みが生じると考えられています。

肩には関節の動きを良くする部分(肩峰下滑液包や関節包)がありますが、四十肩や五十肩になるとこの袋が炎症により癒着することがあります。こうなってしまうとさらに肩が動かせなくなり、いわゆる固まった状態になってしまいます。癒着してしまうと仮に炎症が治った場合でも、なかなか肩が元通りにならないこともあるので十分に注意しなければいけません。

四十肩、五十肩と肩こりの違い

皆さんの中には「四十肩や五十肩は、ひどい肩こりなのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、実はメカニズムが異なります。四十肩や五十肩は肩関節周辺の炎症ですが、肩こりは主に筋肉疲労や筋肉が固まってしまうことで起こる症状で、疲れや悪い姿勢、肩の緊張や血行不良などが主な原因です。

肩こりは、デスクワークを中心に生活している人や姿勢の悪い人がなりやすく若い世代の人でも発症しますが、四十肩や五十肩は中高年以降の人に多く見られます。

四十肩、五十肩になるとどうなる?

四十肩や五十肩は「肩が痛くて上がらない」というイメージが強いと思いますが、腕の上げ下げ時だけでなく、普段の生活にも支障が出る場合があります。四十肩や五十肩のつらい症状を下記でまとめてみました。

・夜中にズキズキと肩が痛んで眠れなくなることがある

症状によっては腕を上げ下げするときだけでなく四六時中痛む場合もあり、中には就寝時に痛みを大きく感じるケースがあります。頭痛のように脈を打つようなズキズキとした痛みが特徴で、なかなか眠れない人も多いようです。動いているときよりもじっとしているときの方が痛みを感じやすくなる傾向があります。

・痛みで目覚めてしまうことがある

ようやく眠りについても、夜中に痛みで何度も目覚めてしまうことがあります。痛みに加えて慢性的な睡眠不足に陥り、日中でも頭がボーッとしたりストレスを感じたりしてしまうことも考えられます。

・関節の動きが悪くなる

四十肩や五十肩になると、カラダに対して正面へ真っ直ぐ腕を伸ばすことはできますが、横方向に上げることができなくなります。これらは普段何気なく行っている動作にも影響があり、たとえばタオルで髪を拭く、服を着替える、背中をかく、挙手をする、電車やバスのつり革を持つなど、日常の生活にも支障が出てしまいます

広島西区整体 大元気整体