飛蚊症

飛蚊症の原因として最も多いものが硝子体剥離です。 硝子体とその奥にある網膜は通常はぴったりと着いています。それが外れると接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となります。この接着部分はひとつの輪になっているものですが、やがてその輪が幾つにもわかれます。ですから飛蚊症もはじめは大きな黒い輪のようなものが見えますが、やがて小さな幾つもの黒点に数がふえ、位置が変化していきだんだん気付かなくなることが多いようです。この硝子体剥離の原因は、老化現象としても起こります。また強度近視の方には必ず起こるものです。その他には目を打撲した時にも起こります。

広島市西区整体 大元気整体