あなたの肩こり一発解消 ブログ

胸が締め付けられて
息苦しいと感じることが
多くありませんか。
 

 

日常生活の中にストレスを
たくさん抱えてしまっていると
胸のあたりに『苦しさ』が現れるものです。

 

その苦しさに
引っ張られてしまい、
気分はどんどん悪くなり、
考えることはネガテイブな方向へ、
行動は先延ばしばかり
…ってことは、よくあります。

 

その苦しさの幾分かは、
『呼吸』から来ています。

 

人は、
呼吸ができなくなると
あっという間に死んでしまうので、
呼吸の苦しさは
ストレスになりやすいです。
 

 

ストレス状態の呼吸は
間隔が早めで、
出入りの量も少なくなりがちで、
激しい運動をした直後のような状態に
なります。
  

 

また、呼吸にあわせて、
カラダの筋肉等が硬直し、
血行や胃腸の状態は低下気味になります。

 

そのため疲れやすく、
気分が悪くなりがちです。

 

そんな時は、
呼吸=吸ったり吐いたりを
ゆっくりとしたものに変えていくことです。

 

まず
ゆっくりと息を吐き、
ゆっくりと吸う。
(口でも鼻でもやりやすい方で)

 

最初に、
息を吐く方が、
あとで息を吸いやすくなるで
オススメです。

 

呼吸がゆっくり
穏やかなものになってくると
苦しさはやわらぎ、
カラダの緊張状態はとれて、
血行はよくなり隅々まで行き渡り
胃腸なども働き出します。

 

つらい時ほど
一旦手を止めて
深呼吸をしましょうと
言われるのはこのためです。

 

それによって
ストレスが緩和できるのです。

 

呼吸が浅い状態は、
短時間ならいいですが、
ずっと続くと様々なところに
体にも心にも悪影響が出て来てしまうので
適度に深い呼吸をすることが大切ですね。
広島市西区整体 大元気整体