あなたの肩こり一発解消 ブログ

肩こりと一口に言っても、症状の感じ方は個人差があります。僧帽筋といった肩周りの筋肉がカチコチに硬い、張って痛い、何かが乗っているように重だるいなどと感じるのが肩こりの症状です。
 
肩こりは、ぎっくり腰のような急に症状がでるものではありません。日々の習慣が原因となっていることが多く、長時間同じ姿勢でいることによる筋肉疲労によって引き起こされると言われています。

デスクワークや車を運転することが多い、首もとの開いた服やアクセサリーをよく身につけるなど筋肉が緊張し、冷えやすい生活習慣を送っていることが問題です。筋肉が緊張すると周辺の血管を圧迫するため、老廃物が溜まり肩が重い、だるいと感じます。

この状態が続くと、末梢神経も圧迫され痛みを感じるようになります。さらに、痛みを感じることで筋肉がこわばるので悪循環が生まれ、肩こりが慢性的になってしまいます。
 
なぜ筋肉の緊張がおこるのかというと、長時間同じ姿勢でいることにより骨格のゆがみが生まれ、筋肉が緊張します。また、通常であれば首から骨盤にかけてある頸椎と胸椎、腰椎は横から見たときにゆるやかなS字カーブを描いています。

しかし、デクスワークなど長時間ずっと前かがみでいることが多いと、首が前に出ているストレートネックになり、首に負担がかかってしまいます。そのため、それにともなって腰や膝が曲がり重心が前にずれ、骨格が変わってしまうのです。

広島市西区整体 大元気整体