腹式呼吸について

人が普段行っている呼吸には、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2種類があります。胸式呼吸が胸を使って息をしているのに対し、腹式呼吸はお腹を使って息をしています。この内腹式呼吸には、インナーマッスルを鍛えたり精神をリラックスさせたりといった様々なメリットがあるのです。

お腹を動かしてインナーマッスルを鍛える

文字通りお腹を使って行う腹式呼吸では、息をするたびにお腹の筋肉を使っています。具体的には、息を吸うときにお腹が膨らんで、息を吐くときにお腹がへこんでいますよね?

腹式呼吸を通じてこのようなお腹の運動をすることで、お腹の奥にある横隔膜や骨盤底筋、腹横筋などのインナーマッスルが鍛えられます。インナーマッスルが鍛えられることでお腹周りの筋肉が引き締まり、ボディラインがすっきりします。また、代謝が上がって血流が促進される効果も期待できるのです。

副交感神経を優位にしてリラックスできる

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があるのは知っていますよね。このうち精神を落ち着けてリラックスさせる作用を持つ副交感神経は、腹式呼吸を行っている睡眠時に優位になる傾向があります。つまり意識して腹式呼吸をしていると、副交感神経の方を優位にさせて精神をリラックスさせる効果があるということ。自律神経のコントロール術として使えますね。気持ちが落ち着かないときや集中力の続かないときなどは、自ら腹式呼吸を取りいれることで気持ちを落ち着けることができます。また、腹式呼吸によってリラックスしていると「セロトニン」と呼ばれる幸福ホルモンの分泌効果も期待できます。うつや自律神経失調症の予防策になりますよ。

内臓マッサージで消化吸収能力をアップ

腹式呼吸では、息を吸ったときにお腹が膨らみますよね?これはお腹の中に大量の酸素が入っているからです。お腹が膨らんだとき、体内では横隔膜が上下して周囲の内臓器官に刺激を与えています。これは内臓のマッサージに繋がります。外から直接アプローチのできない内臓は、腹式呼吸を通してマッサージすることができるのです。腹式呼吸で内臓をマッサージすると、消化吸収能力が向上して体調を改善することができますよ。

広島市西区整体 大元気整体