あなたの肩こり一発解消ブログ

飛蚊症(ひぶんしょう)

     

目の前で「黒い物が飛ぶ」ことを眼科では総称して飛蚊症と呼びます。蚊だけではなく、ハエや水玉、はたまたゴミや糸くずなど、人によって色々な形のものが見える場合もあります。

その原因の主なものは、眼球の硝子体の濁りです。硝子体は水晶体の後ろにあり、眼球で一番大きな体積を占めている、どろっとした物質です。この物質に何らかの原因で濁りができて、網膜にうつり、目の前に見えてくるものを言います。

濁りの原因には、先天性のものと後天性のものがありますが、先天性のものはまれですので省きます。後天性の大部分は、加齢によるものです。

40歳を超えると、どろっとした卵の白身のような硝子体に変化が起こり、これが飛蚊症の原因になります。ことに何月何日何時頃、突然この飛蚊症を発症したという方は、注意が必要です。「後部硝子体剥離」といって、硝子体が前方に収縮する際、網膜を引っ張ることがあるからです。

この時に強く引っ張られ、網膜に穴があいてしまうと、網膜裂孔(もうまくれっこう)と言います。この時点で裂孔が見つかれば、外来でレーザー網膜光凝固をすることによって、「網膜剥離」に進展するのを防ぐことができます。たとえ「網膜剥離」になっても、現代の手術の進歩は素晴らしく、手術をすれば100%に近い確率で治癒することができます。

ただし、100%に近い確率と言っても、網膜が剥がれている部位、剥がれていた期間などによって難易度や後遺症(変視といって物がゆがんで見えたり…)の有無が変わってきます。

また、飛蚊症から網膜剥離以外にも、硝子体出血、網膜の出血など様々な眼底疾患の発見につながることがあります。

広島市西区整体 大元気整体院