あなたの肩こり一発解消ブログ

リンパ節ってなに?

 リンパ節は人体に無数に存在し、リンパ管というパイプでリンパ節どうしつながり網の目のように体中を走っています。

ふつうリンパ節は皮膚の表面には現れませんから、リンパ節が集中している所をよほど念入りにさわらない限りリンパ節に気づくことはないと思います。あえて体でリンパ節を探すとしたら、股関節を指先で触ってみてください。丸いぐりぐりが見つかるかもしれません。このようにリンパ節自体は正常な人に存在しているものです。ただし、このリンパ節が大きく腫れてくる(リンパ節腫大)ことは異常です。むかしはこのリンパ節もホルモンのようなものを分泌する働きを持っていると考えられていたので、“リンパ腺”と呼ばれていました。


リンパ節は細菌やウイルスに対して身体を守る関所として働いている

 風邪で扁桃炎を起こしたとき、首のリンパ節がはれた経験があると思います。顎の下あたりにできるぐりぐりでさわると痛いやつです。これも頸部リンパ節腫大の1つです。扁桃腺は元々リンパ組織からできており、扁桃腺の炎症がリンパ管を通じて首のリンパ節に炎症が及び、外から進入した細菌と身体のなかの白血球がリンパ節で戦っているために、リンパ節が腫れるのです。このような炎症性のリンパ節腫大は元の炎症がおさまれば、徐々にはれも痛みも消えて無くなります。

広島市西区整体 大元気整体院