肩こり一発解消が人気です!

肩こり首こり偏頭痛に悩まないでくださいね!

あなたの肩こりは気持ちいい~インパルス電気療法で大丈夫!

本物の施術を皆さん受けてくみてださいね!

もちろん腰や膝もOKですよ。

痛みのない楽しい人生を送れることは幸せですよね。

どこに行っていいのか、わからない方は

お待ちしてますね!

お電話 082‐292‐4620

広島市西区観音新町1-20-29 駐車場あり

初回3900円(税込)~通常4900円

なぜ他で取れない肩こりが一発でとれるのか!

インナーマッスルをほぐせるからなんですね!

 肩こり一発解消でいいことたくさん!

    家事などが楽に行えるようになった

    仕事の作業がらくにできるようになった

    朝起き上がるのがすごく楽になった

    手術しかないと思っていたが、大丈夫だった!

    天気が悪くても肩こりがなくなった

    父の介助が楽に行えるようになった

    こどもをらくらく抱っこしてあげれた

     こんなことで悩まないでくださいね。

    「肩コリと一生付き合っていくしかない」と諦めている。

    「年だからしょうがない」と言われて諦めている。

    治療院、整形外科をたらい回しにされ、諦めている。

 

当院では、広島初のインパルス電気療法による施術で親切、丁寧、安心、安全を心がけております。どこに行っても良くならないとお悩みでしたら当院のインパルス療法を受けてみてください。きっとご満足して頂けると思います。気持ちいいのでびっくり!

大元気 整体院 

院長の川本貴博です。趣味 肩こり取り

1970年1月19日生まれ O型

広島を愛する生粋の広島県人

2004年広島カイロプラクティック学院 卒業後 医療機関(整形外科)に10年間の勤務歴があります。

私の生き甲斐は患者様一人一人の元気な笑顔をつくることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PayPayも使えます!!!

便利なWEB予約をどうぞ!

勇気を出して予約してね!

ちょっとした勇気が人生を変えます。


当院では、広島で唯一のインパルス療法の施術を行っております。特殊な微弱電流が流れる特殊グローブで体内の深い所のインナーマッスルにアプローチします。痛みやしびれを取るだけでなく歪みの解消、内臓の働きを活性化、自律神経を安定させます。かなりの変化が起こります。

痛みがないのでどのような方でも安心して受けることができます。

県外からわざわざ来院されるのには訳があります。

            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長谷川穂積ボクシング事務所のWBA世界スーパーバンダム級元チャンピオンの久保隼選手が遥々来てくれました。

再起戦は見事に勝ちました。

世界2階級制覇に向けて応援してます。

広島市西区整体 大元気整体院

本日はカラーセラピストの中島先生が初めてインパルス療法を受けに来てくださいました。

これからも全力で応援させて頂きますね。

広島西区整体 大元気整体

広島市 Nさん

肩のしびれが気になっておられましたが施術後はしびれもスッキリ取れて本当に良かったですね。広島西区整体 大元気整体

広島県広島市 Hさん

肩と背中がガチガチでしたが1回の施術で一発解消で良かったですね。

広島西区整体 大元気整体

ボクシング日本ライトフライ級3位の板垣選手が来られました。

最高のパフォーマンスで次の試合、頑張ってくださいね。

全力で応援しております。

広島西区整体 大元気整体

広島市西区Aさん

肩こりがひどくてどこに行っても、どうにもなりません、と来院されましたがインパルス療法で一発解消させて頂きました。

広島西区整体 大元気整体

 

患者様、Oさん 広島西区

 ばね指で仕事に支障があってつらい思いをされておられました。1か月通われて指が曲がるようになり仕事が楽にできるようになられました。

患者様、N・Kさん広島市

目の疲れがひどく文字を読むことがとても苦痛でしたが小さな文字も読めるようになりすごく喜んでもらえました。ありがとうございました。

競輪の木村幸希選手がインパルスで9連勝特進です。おめでとうございます。

プロの競輪選手!木村選手も大絶賛!レース前とレース後にインパルス療法を受けられに来られます。大スターめざしてます。

どこに行っても良くならない、胸郭出口症候群の患者様Nさんでしたが、みるみる体が良くなり最高の笑顔が出てくるようになられました。

 

6歳のYちゃんが当院で乾癬の治療でこられました。インパルス療法で肌がきれいになってよかったですね。これからも頑張ってね。

広島市西区Yさん

インパルス療法と酵母水小顔エステを受けられました。とても喜んで頂けました。

ボクシング世界チャンピオンのお二人、久保選手と山中選手が一緒に来院してくださいました。インパルスは世界に通用する施術なんです。

 

初めてのインパルス療法で体が一発で元気になられた J先生。

これはすごいと感動されました。

世界中でインパルスは活躍してます。

 

・インパルス療法とは特殊な電気グローブを使い、体のインナーマッスル(深い筋肉)を調整できる日本では画期的な最先端の施術方法です。

・あらゆる痛みやしびれをとるだけでなく自分の力で自然治癒力を引き出して本来の健康な体に戻します。

・からだの不調をどんどん解決していきます。

肩こりのプロフェッショナル


当院について

当院では安心・安全をモットーに患者様に対してご満足して頂けるように心がけております。肩こり一発解消をはじめ、身体の痛みやしびれに対して最高の施術治療をさせて頂きます。患者様へは体に対するケア方法やアドバイスを丁寧にさせて頂きます。
多くの患者様からは「もっと早く来れば良かった」などのありがたいお声を沢山頂き感謝しております。あなたの痛みしびれを気持ちよく スッキリ改善いたします!

営業時間

・月曜日~日曜日

9:00~20:00

・時間外もOKです。

日曜日(事前予約のみ受け付けております)

・出張もOK!

お電話はこちらまで
082-292-4620

090-1184-7943携帯


インパルス療法の6つの効果

その1 

インナーマッスルを鍛えることができ、脂肪が燃えやすい体になります。

その2

普段使わない筋肉を動かすことによって体の部分やせがおこります。

その3

痛みやしびれがとれるだけでなく、姿勢や歩き方も大きく変わります。

その4

細胞を活性化させ基礎代謝がアップしカロリーを消費しやすくなります。

その5

呼吸が楽になり、体内の酸素量が増え血液やリンパの流れがよくなり皮膚もきれいになります。

その6

自律神経が安定するので、よく眠れる、胃腸の調子が良くなった、体が軽いなど日常生活がスムーズになります。

インドアビューはこちらからお入りください↓↓↓↓         

             https://goo.gl/maps/zfC4YCLitD12

インドアビューはこちらからお入りください↓↓↓↓         

             https://goo.gl/maps/zfC4YCLitD12

LINE お友達追加

友だち追加数

大元気ブログ


あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で皆さんを元気にさせていただきます。

肩こり吹き飛ばしていきましょう。

広島市西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

頭痛がひどい。けれどどうしていいかわからない。とりあえず痛みどめを飲むけれど、なかなか治らなくて治るまで寝ていることしかできない。なんなら、つらくて眠ることも難しい。そんな頭痛に関する悩みを持っている方はかなり多いのではないでしょうか。

 

 

【Q.頭痛になったら「冷やすのがいい」「あっためるのがいい」と諸説ありますが、どちらが合っていますか?】


実は、そこまでひどい頭痛ではない場合は、冷やしてもあっためても、どちらでもよくなることがあります。
昔は「あっためると血流が良くなって片頭痛に悪い」「冷やすと緊張型頭痛に悪い」と言われていたけれど、外から冷やしたくらいでは脳の中の温度は変わりません。せいぜい皮ふから5mm~1cm程度の温度しか変わらないと言われています。外気温で体温が変わっていたら脳の機能を維持できませんし、体温も一定にならなくて体調が維持できません。体温を保っているのは、「自律神経」。自律神経は命を支える根幹のシステムなので、自律神経は負担が増すことがあっても狂うこともありません。

 

【Q.どちらでもいいんですね! 冷やす、あっためるが頭痛にいい理由を教えてください。】


子どもが転んだときに、お母さんが撫でてあげることや、どこかをぶつけたときにその部位を撫でると痛みが減るのと同じです。

痛みのある部位の皮ふに、小さな刺激を与えると、強い痛み刺激を遮断する作用があります。はり(鍼)やきゅう(灸)はまさにこれで、細いはりで皮ふにわずかな痛み刺激を与えると、強い痛み刺激をブロックしてくれる。これを「ゲートコントロールセオリー」と呼びます。

「冷やす」も「あたためる」も、皮膚へ刺激を与えるという点では同じです。熱いタオルを当てたり、熱いシャワーをざっと浴びたり、アンメルツなどのスーッとするものを塗ったり……そういった皮ふへの刺激が、頭痛を減らしてくれます。

また、血流が悪いから頭痛や肩こりがひどいというのも誤りです。血流を良くしようと「長風呂」をしてしまいのぼせると、心拍数が上がり、末梢血管も拡張しすぎるので、脳血管が拡張して頭痛や付随する肩こりや首の痛みがひどくなってしまうので、逆効果。

 

【Q.ひどい頭痛、痛みどめを飲んでも治らないのですが……】


まず、ひどい「片頭痛」の原因は、脳の血管が拡張し、神経を刺激してしまう、ということに起因しています。市販の痛み止めで頭痛がおさまる……という方はそれでも問題ありませんが、それではおさまらない方は、「痛みどめ」とは違う、「脳血管をもとに戻す薬」をちゃんと使うと、どんなに強い痛みどめを使っても効かなかった頭痛もすっきり良くなります。

 

 

【Q.その「脳血管をもとに戻す薬」は、「痛みどめ」とは何が違うんですか?】


・まず「痛みどめ」がどう体に効いているかということをさらっと説明していきます。カラダの細胞に準備されている「COX」という酵素が活性化すると、体にある「アラキドン酸」から「プロスタグランジン」という痛み物質ができます。

・痛みどめは、このCOX酵素の働きをブロックするので、痛み物質ができなくなって痛みが止まり、頭痛が引く、という仕組み。そのため、自力で頭痛のモトとなる「脳の血管の拡張」が正常化できるときには、頭痛は次第に引いていきます。

・けれど、血管の拡張が続き神経への刺激が続いてしまうようなときには、COX酵素を阻害して痛み物質を取り除いても、頭痛は改善しません。片頭痛そのものや、痛み止めの胃腸障害から吐き気が出てきたり、ひどいときには嘔吐をしてしまいます。

・そこで出てくるのが、おおもとの原因を断つ、「血管をもとに戻す薬」。一回薬の力で血管を正常化すると、その後の頭痛の頻度が下がることが多いのです。人間の脳の血管は「正常な状態を続ける力」を持っています。一回正常化させてあげると、頭痛がスッと引いていき、その後はあまり起きなくなったりする。

たくさん頭痛が起きている人は、一度きちんとお医者さんに行って、適切な治療をすることで、頭痛の頻度が下がり、起きる頭痛の大きさも小さくなります。

 

【Q.とは言っても、病院に行くのってなんだか面倒なのですが……。】


 

頭痛の頻度が高く、脳血管が不安定な人は、温度変化など、ちょっとした外界の刺激にも敏感になってしまいます。
片頭痛を放っておくと、ちょっとした体へのストレスで頭痛が起き、どんどん痛みに弱くなる、いわゆる「閾値(このラインを越えると頭痛になる、というライン)が低い人」になっていきます。つまり、ガマンすればするほど頭痛が起きやすくなってしまいます。

痛み止めを月に数回内服するぐらいですんでいれば、問題ないでしょう。

でも、頭痛で日常生活に支障がでることがおおかったり、寝込んでしまうようなことがあれば、頭痛外来の受診をおすすめします。自分の頭痛をそこで終わらせてくれる片頭痛専用の薬や、頭痛の予防薬を持っておくこと。

コチラが片頭痛の薬です。

それをちゃんと具合が悪いときに使っておくと、どんどん「閾値」が上がって頭痛の頻度も下がり、多少のことでは頭痛が起きない人に戻っていけます。

起きてしまう頭痛を力技でねじ伏せるのではなく、「そもそもあまり頭痛の起きない人になる」、「起きてしまっても適切な薬でスマートに治療する」と方法を選ぶのが、結果的に見ると、一番ラクで薬の量が最も少なくなります。

女性は、人生を通して頭痛と付き合うことが多く、30~40代の女性に多い。頭痛外来に一度でも行っておくとメリットは大きいと思います。思春期、月経が周期的に来る時期、授乳期、更年期……それぞれの節目節目で片頭痛が悪化しやすくなります。

 

最初は、一ヶ月おきぐらいに通院しなくてはならないかもしれませんが、通っているうちに頭痛の頻度が激減するため、しばらくすると、数カ月おき、半年おきの通院になることがほとんどです。

 

 

【Q.ガマンすればなんとかなる、と思ってしまいますが、そうではないのですね。】


そうです。
実は、片頭痛の1つの発作は、長いときには2~3日にわたって起きることが多いです。

最初に「薬を飲まなくてもがまんできるかな」と変にがまんするんじゃなくて、先手必勝で片頭痛に効く薬を飲むと、その2~3日ぶんの痛みがなくなり、「頭痛で動けなかった」「会社を休んでしまった」などの機会損失が減ります。「そのうち治るから放置」じゃなくて、「薬で早く治して、頭痛でダメになる日を減らす」ほうがスマートです。

それに、片頭痛はめまいや吐き気、首や体の痛み、目の痛みや匂い過敏、不眠など、いろいろな合併症を連れてきますが、きちんと片頭痛に効く薬を飲めば、それらも一緒になくなります。

めまいや嘔吐があるから耳鼻科に、嘔気や胃部不快感が続くから胃腸科へ、首や肩が痛いから整形外科に、匂いや音に過敏になってしまって寝られないから心療内科へ……と、いろいろな科にかかった後に、頭痛外来に来て全て解決してスッキリしてしまう方もたくさんいらっしゃいます。

「肩こりもち」とか、「自律神経の問題」、「更年期」と言われても何の解決にもなりません。女性は片頭痛を解決すると、片頭痛に伴う諸症状も改善するため、随分ラクになることが多いものです

頭痛を起こしにくくなるカラダを作るというのが、頭痛外来に通院する目的になります。たまに適切な薬をチョイスするだけで、頻発化が抑えられます。痛み止めだけで対応していると、痛み止めが切れると痛くなる、という「薬物乱用頭痛」という悪循環になってしまいます。良くなって行くことを「脱感作」と呼びます。

広島市西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

頭痛の約7割を占める緊張型頭痛について

肩こりがひどくて、頭痛もズキズキ。
頭痛には、慢性頭痛である片頭痛や群発頭痛など、 さまざまな種類があり、痛みの程度もそれぞれ。 そんな頭痛の中で、最も多くの割合を 占めるのが緊張型頭痛なんです。


緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張からおこる頭痛。 多くは肩こりが見られ、頭の後ろからてっぺんあたりがズキズキ。「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも呼ばれるほどです。

このような症状の人は緊張型頭痛の
可能性があります!!
・首や肩がこりやすい
・日頃あまり運動をしていない
・コンピュータや机などに向かうことが多い
・こんつめ仕事が多い
・目が疲れやすい、何もしていないのに疲れる
・肩こりや首の筋のこりと頭痛が一緒に
・後頭部から首筋にかけて両側がズキズキ
・ギリギリと頭をしめつけられるような痛み
・ぎゅーっと締め付けられるような感じ
・頭がバンバンに張ったような感じ
・ダラダラと頭痛が続く(ほぼ毎日)
・軽い運動、入浴、などで頭痛が楽に
・後頭部を指圧すると楽になる
・休養、睡眠で楽になる

どのくらい当てはまるものがありましたか??

広島市西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で皆さんを元気にさせていただきます。

肩こり吹き飛ばしていきましょう。

広島市西区整体院 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で皆さんを元気にさせていただきます。

肩こり吹き飛ばしていきましょう。

広島市西区整体院 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

1日中パソコンに向かって仕事をしている人に多いのが、肩こりや首こり。目の疲れを感じている人も多いようです。この記事では、そんな疲れや不調を解消するコツや役に立つ対策をお届けします。肩こりや首こりを予防する正しい座り方を覚え、痛みや疲れの原因となる冷えも防ぎましょう。

パソコン仕事などによる長時間の同じ姿勢は、首や肩への大きな負担です

パソコン画面の注視やキーボード操作などを同じ姿勢で続けた場合、首や肩などの筋肉が緊張し続けます。筋肉には血液を送り出すポンプのような働きがあるので、筋肉の緊張が続くと血めぐりが悪くなり、首や肩のこりや痛みを招く原因になります。

特に、前のめりやうつむき加減の姿勢で作業を続けていると、背骨(脊椎)本来のカーブがなくなり、首よりも頭が前に出てしまうという指摘もあります。首から腰にかけての背骨のカーブは、衝撃を吸収したり肩こりや首こりを防いだりする役目があるので、カーブがなくなると、疲れや痛みが出やすくなります。

「1日中パソコン作業をしている」「ディスプレーや書類を長時間見ている」という人は、ディスプレーや椅子の高さを調整するなど、首や肩に負担をかけにくい正しい姿勢で作業できる環境に整えましょう。1時間に一度は10~15分の休憩をとるのも重要。ストレッチで筋肉をほぐす、遠くの景色を眺める、目を閉じるなどして、心身のリフレッシュも心がけましょう。

 

知っておきたい!パソコン作業から首や肩を守るセルフケアの5つのコツ

「パソコン作業のせいで肩こりがひどい。首のこりも…」。そんな不調の対策や予防法をご紹介します。自分に合ったセルフケアを上手に取り入れて、肩こり首こりをやわらげましょう。

コツ1.椅子やパソコン画面の高さをチェック!

長時間のパソコン作業をする人にとって、自分の体に合った作業環境をつくり、首や肩への負担を減らすことは非常に大切です。椅子の高さは、足の裏全体が床にくっつく高さがおすすめ。さらに、腰をかけたときに膝頭の位置がお尻よりやや高い位置になるように調節しましょう。椅子の高さを変えられない場合は、足元に台を置きます。

ふかふかの椅子は気持ちよさそうなイメージがありますが、首や肩にやさしいのは、硬めの座面。高さを調節する際に、硬めの座布団を活用するのも一つの方法です。

椅子そのものを替えられるなら、深く腰をかけたときに膝裏と座面のふちの間にこぶし一つ分の空きができる椅子が理想的。座面のお尻側が膝側よりも少し低く傾斜しているかもチェックします。背もたれも重要です。背中のS字型カーブにフィットした背もたれが肩甲骨の下まで届いている椅子を選びましょう。

椅子の高さを見直したら、ずっと見つめ続けるディスプレーの高さも調整しましょう。

<デスクワークの基本の姿勢>

座ったときに足の裏全体が床につくのが、ちょうどよい高さ。調整できないときは、足元に台を置く、硬めの座布団を敷くなどの工夫を

コツ2.冷える職場環境にいる人は、首や肩を温めよう

夏場のエアコンが効きすぎた部屋など、冷える職場で同じ姿勢を続けていると、疲れやこりがさらに悪化することもあります。冷えにより筋肉が緊張し続けることで血行が悪くなり、疲労物質や発痛物質が流れ去らず、滞留するからです。

私服勤務の人は、シャツなどの襟のある服を着る、スカーフを巻くなどで、首や肩を冷やさないようにしましょう。貼る使い捨てカイロで肩や首を温めることもおすすめします。

蒸しタオルを使うときはやけどに注意

コツ3.疲れた目を温めると首や肩のこりがやわらぐことも

パソコン作業による身体の疲れや不快感は、目の疲れ(眼精疲労)と直結していることが多いと指摘されています。それを示すように、仕事でパソコンなどを使う作業をしている人のうち、身体的な疲労や症状を感じている人の90%以上が「目の疲れ・痛み」を感じているという調査結果があります(*1)。

「目が疲れて見えにくいから前かがみの姿勢になって首や肩がこる」「長時間の不自然な姿勢が首や目などに疲れを及ぼしている」のどちらのケースも考えられますが、目を温めて気持ちがよいと感じたら、疲れ目が首や肩のこりを悪化させている可能性があります。

その場合は、蒸しタオルなどで目を温めましょう。目のピント調節力の改善やリラックスにもつながります。蒸しタオルを使うときはやけどに注意してください。

*1 出典:厚生労働省「技術革新と労働に関する実態調査結果の概況」(平成20年)

 

 

コツ4.バスタオル枕や簡単ストレッチで「ストレートネック」対策

長時間のデスクワークなどで、前のめりの姿勢を続けると、ゆるやかなカーブを描いていた首の骨(頸椎)が前方へまっすぐ伸びた「ストレートネック」になる場合があります。

自然なカーブを描いていた首の骨が、前屈みや猫背の姿勢が原因で伸びてしまうのがストレートネック。立ったときに、首より頭が前に出た状態になる

 

首の骨のカーブには、首や肩の疲れを防ぐ働きがあるので、ストレートネックになると、首や肩の筋肉に大きな負担がかかります。これを簡単に予防できるのが、バスタオルを丸めた首枕。寝るときに首の下に置くと、本来の首の骨のカーブに近づくことができます。

休憩時間には、体を動かしてこり固まった筋肉をほぐすのが一番ですが、作業に追われる人はなかなかそうもいかないもの。そこで、椅子に座ったままできるストレッチをご紹介します。どちらの動作も息をゆっくり吐きながら行うのがポイントです。一つの動作を20秒くらい、3セット以上繰り返すとよいでしょう。

(1)片方の腕でもう一方の肘を抱えるようにして斜め後ろに持ち上げる。肩や肩甲骨の周りの筋肉が伸びているのを意識しながら、20秒ほど静止
 
(2)片方の腕を頭の後ろで曲げ、肘をもう一方の手で引き、脇の下や背中の筋肉を伸ばし、20秒ほど静止。(1)と(2)を3セット以上繰り返す

 

 

※運動やストレッチの効果には個人差があります。無理をせず、伸ばしている部分が「気持ちいい」と感じる程度を目安に行ってください。

コツ5.ガチガチの肩や首を入浴で温めほぐす!

肩や首の筋肉が緊張して血行が滞っている場合、夜はシャワーで済ませず、できるだけ湯船につかりませんか。温熱作用により血めぐりがよくなるので、血液中に滞留していた痛みや疲労のもとを流し去ることができます。

お風呂に入ると、体に水圧がかかるので、長時間の座り仕事で足のむくみが気になっている人にも効果的です。お湯の温度は熱すぎない38~40℃くらいがおすすめ。10分以上つかってじっくりと温まりましょう。

広島市西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

しびれ

一言でしびれといっても、実は非常に多様な病態を含んでいます。
長く正座した後に起こるような「足がしびれる感覚」もしびれですし、ぴりぴりする感じ、手足に力が入らない(麻痺)も、しびれのひとつです。

通常、しびれを感じる場合には神経系のどこかに障害が起きていることがほとんどです。神経とは、脳や脊髄などの中枢神経系と、そこから発せられる情報を各組織に伝達する末梢神経系に分かれます。
たとえば、「右手を上げたい」と思った場合には、大脳から脳の中を順次電気信号が伝わっていき、脊髄を通って、頸椎の高さで末梢神経にバトンタッチし、肩や腕の筋肉を動かすことで右手が上がります。また、急に転びそうになった時には、「反射」といって、体の各部位から「転びそう 危険だ」という信号を受け取り、それを頭で意識するより先に体を動かすことで、転ぶのを防ごうとします。これも神経の働きです。つまり神経は、中枢神経から末梢神経や命令を伝え、末梢神経から中枢神経に情報を伝える伝達役を果たしているのです。しびれは、こうした神経の経路に異常が起きた時に起こります。

しびれの原因は大きくわけて4つあります
・脳疾患
・脊髄疾患
・神経根障害
・末梢神経障害

①脳疾患 脳によるしびれにおいて、代表的なものは脳梗塞です。その他、脳出血、脳炎、神経変性疾患などがあります。血管がつまることによって脳の細胞が死んでしまうのが脳梗塞です。また、動脈硬化や動脈瘤等があると脳内に出血することもあります。ヘルペスウイルス等が脳に関して脳炎をきたすこともあります。また、いわゆる難病とよばれるような、稀な神経疾患も起こります。 通常、脳疾患においては、しびれが1か所だけに生じる、ということは稀です。脳は神経細胞が密集していますので、さほど広範な出血や梗塞でなくとも、2か所以上に麻痺が出る場合や、しびれに加えて口からよだれが出てしまうなど、2つ以上の症状が出ることが多いのが特徴です。

②脊髄疾患
脊髄は神経線維と神経細胞の集合体ですので、外傷性脊髄損傷、脊髄炎、脊髄腫瘍、脊髄梗塞などによって脊髄が損傷すると体幹や四肢にしびれが生じます。
ある高さの脊髄が障害を受けると、そこを通過する刺激が伝わらなくなってしまいます。たとえば事故で腰の脊髄が完全に障害されると、下肢への神経刺激が全く伝わらなくなるため、下肢が動かせなくなりますし、反対に下肢からの刺激も脳に伝わらなくなりますので、触ってもわからないような状態になります。しかし、手に関してはそれより上の脊髄で支配されていますので、問題なく動かすことができます。

③神経根障害
脊髄から神経が出ていくところを神経根といいます。
その神経根が障害されると、しびれが起こることがあります。下腿の前面だけしびれるなど、神経支配に沿ってはっきりと限局した範囲にしびれが出るのが特徴的です。

④末梢神経障害
末梢神経に障害が起きる原因としては、大きく分けて、
・神経が圧迫された場合
・神経周囲の血流が障害された場合
・神経に炎症が起きた場合
があげられます。
たとえば糖尿病で神経障害起きるのは主に末梢神経障害が原因です。その他、ハネムーン症候群などといいますが、腕枕をして寝ていたら手が上がらなくなる、といった病態は、圧迫によって末梢神経が障害されたためにおきます。

このように、しびれというのは多種多様な原因で起こりますので、実際の診療ではしびれの分布や、随伴する症状、発生してからの経過などを総合的に判断して原因を突き止めます。原因によっては、不可逆的な症状として残ってしまうことも多々あるのがしびれという症状の厄介なところでもあります

広島市西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

手のしびれ、痛みを引き起こす疾患は多数ありますが、大きく分けますと神経性のもの、血管性のもの、心因性のもの等に分類できます

 手の感覚は通常第6から第8頚神経によって支配されています。頚椎から出た神経は互いに交叉しながら、鎖骨の奥、腋下(わきの下)を通り、手先まで分布していきます。また、腋下(わきの下)のあたりまでくると正中(せいちゅう)神経、尺骨(しゃっこつ)神経、橈骨(とうこつ)神経などにわかれて手の感覚、運動をつかさどっています。つまりこの神経の経路のどこかに異常があれば症状としての"しびれ"につながるわけです。例えば頚椎の椎間板ヘルニアなどで
 第6頚神経が圧迫されると母指、示指が
 第7頚神経が圧迫されると中指が
 第8頚神経が圧迫されると環指、小指が"しびれ"てきます。また、これらの頚神経が交叉しあって前述した正中(せいちゅう)神経、尺骨(しゃっこつ)神経、橈骨(とうこつ)神経に分かれてから圧迫を受けたとしますと、
 正中(せいちゅう)神経圧迫では手のひら側の母指から環指にかけて、
 尺骨(しゃっこつ)神経圧迫では環指、小指が、
 橈骨(とうこつ)神経圧迫では母指の付け根と手の甲の母指側半分が主として"しびれ"てきます。当然のことですが、神経は手の運動機能も支配しているわけですから"しびれ"単独で症状が起ることはまれで、筋力の低下(初期では自覚しない程度のことが多い。)を併発してきます。

広島市西区 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

すでにスマートフォンは現代人になくてはならないアイテムとなりつつあります。若者やビジネスマンを中心にスマートフォンの利用率は上昇を続けており、総務省が2年前に実施した「平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」では平均で71.3%、30代に限れば92.1%がスマホを利用しているそうです。そんな中懸念されているのが、スマートフォンの使い過ぎで症状が現れる「スマホ病」

 スマホ病は多くの症状の総称であるため、現れる症状は実に様々です。。特定の症状に名称がついている場合もあれば、そうでないケースも多々あります。例えば利き手の親指だけを使ってスマートフォンを操作することが多いユーザーは、親指の付け根や手首に痛みが出るドケルバン病になる可能性がある。別名「スマホ腱鞘炎」とも呼ばれる症状。さらにスマートフォンの画面を長時間み続けることによって、老眼の症状が若い世代にも起こることがある。眼球内の水晶体の柔軟性が失われることによって老眼の症状が現れるが、若年層であっても目を酷使すると「スマホ労眼」や「スマホ近眼」になってしまうこともある。最悪の場合失明にも至る危険な症状。

 こうした症状の他にも、スマートフォンの使い過ぎは多くの症状を引き起こす。頭痛、肩こり、ドライアイ、肘の神経障害による腕のしびれや痛みなどだ。こうした症状一つひとつはそれほど重篤ではないためスマートフォンの使い過ぎが原因だとは気づきにくい。しかし放置してスマートフォンの使い続けると、さらに重篤な症状へとつながる恐れもあるので注意が必要だ。スマートフォンの使い過ぎが認知能力に悪影響を及ぼすこともわかっている。

 スマートフォンは便利なツールではあるが、使い過ぎによって日常生活に支障をきたすこともある。スマートフォンをどのくらいの時間使うのか、どのような姿勢で利用するか、どのように体を休めるかなどを考慮しつつ利用することが大切だ。スマートフォンに生活を支配されないようにしっかりとコントロールしなければならないだろう。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で皆さんを元気にさせていただきます。

肩こり吹き飛ばしていきましょう。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

感音性難聴の代表的疾患である突発性難聴とメニエール病は、いまだに原因がはっきり解明されていません。

 


 

 

難聴を分類すると

 難聴は、大きく「伝音性難聴」と「感音性難聴」に分類されます。伝音性難聴とは、音を拾って増幅する器官(外耳道・鼓膜・耳小骨など)に異常が発生するもので、耳垢詰まり、中耳炎、鼓膜損傷などが該当します。基本的には治療法が確立されており、聴力の回復が期待できる難聴です。

 これに対し感音性難聴は、音を信号に変換し脳に伝える神経系(内耳や大脳)に異常が発生するもので、聴力の回復は非常に困難です。突発性難聴やメニエール病、先天性難聴、老人性難聴、騒音性難聴、薬剤性難聴などが該当します。

 

突発性難聴の症状と治療

 ある日突然、片側の耳の聞こえが悪くなる疾患が突発性難聴です。40代~60代に多く、発症率は約3千人に1人と推定されています。

 何月何日に発症したとはっきりわかるのが特徴で、難聴が徐々に悪化したり、日によって聞こえの程度が変ったりすることはありません。また約3割にめまいが起こ りますが、1時的なもので、繰り返すこともありません。

 ストレスや過労が発症の誘因になることが多いため、1日も早く入院して安静治療を行うことが望ましく、できれば1週間以内、遅くとも2週間以内の治療開始が必要です。

 適切に治療すれば、患者さんの3分の1は完治し、3分の1は難聴や耳鳴りが残るものの症状は軽くなり、あとの3分の1は残念ながら治りません。

 

 原因として内耳の循環障害やウイルス感染説が有力視されているため、治療は患者さんの状態に合わせ、様々な方法が試みられます。

 薬剤治療が原則で、ステロイド剤や血管拡張剤・ビタミン剤・代謝を高める薬剤・血液を固まりにくくする薬剤・抗ウイルス薬・漢方薬・鍼灸治療などが行なわれます。

 

 

メニエール病の症状と治療

 ぐるぐる回る回転性めまいと、通常は片耳の難聴、耳鳴りを主症状とする疾患です。突然の激しいめまい発作が30分から6時間程度続き、その間、難聴や耳鳴り以外に吐き気や嘔吐、腹痛などの症状も伴います。発作時は立っていることができず、じっと横になっているしかありません。めまいが治まると難聴や耳鳴りも元に戻りますが、不定期にめまい発作を繰り返すたびに少しずつ難聴が悪化していくのも特徴の1つです。

 30代~40代の女性にやや多く、やせ型で几帳面、神経質な性格の人がなりやすいという統計もあります。発症には精神的ストレスや肉体的疲労、睡眠不足が引き金になるようです。初期には突発性難聴や前庭神経炎と鑑別できない場合があるため、確定診断には様々な検査を行なう必要があります。

 原因は不明ですが、患者さんの内耳では内リンパ腔が腫れる「内リンパ水腫」が起きることがわかっています。治療はこの内リンパ水腫を軽減させるため、様々な薬剤が使用されます。最も一般的に使われるのは利尿剤のイソソルビド(製品名はイソバイドなど)で、これにビタミン剤や血流改善剤を組み合わせることもあります。

 

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で皆さんを元気にさせていただきます。

肩こり吹き飛ばしていきましょう。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

体が疲れるのはナゼ?

忙しい現代生活では、さまざまな要因で多くの人が疲れを感じています。「疲れたな…」と感じたとき、それは「少し休もうよ」という体からの信号です。
私たちは普段、どのようなことが原因で「疲れ」を感じるのでしょうか。

疲れの主な原因は

 

  • 忙しい仕事や家事などによる心身ストレス
  • 激しい肉体労働やスポーツなどによる筋肉疲労
  • 偏食やダイエットなどによる栄養バランスの偏り
  • 長時間のパソコン作業などによる目の疲れ・肩こり
  • 夜更かし、睡眠不足など不規則な生活
  • 肝炎や糖尿病などの体の疾患
  • うつ病などの心の疾患

こんな自覚があったら注意!

特に原因となるような病気はないのに、普段と比べて、肩こりや腰痛がひどい、目が疲れやすい、頭が重い、食欲がない、熱っぽい、かぜをひきやすい、記憶・集中力に欠ける、イライラする、十分睡眠をとっても眠いなど、疲れを自覚する症状はさまざまです。
                 

 

たまった疲れをとるには?

まず休養をとり、ゆっくり体を休めることが最大の特効薬です。ただ、そうはいっても、現代ではゆったり休息する時間がとれないという人も多いはず。そんな人は、日常のちょっとした時間で上手に休養をとり、十分な栄養補給と、少しの疲れに負けない体力づくりを行い、疲れをためない工夫が大切です。
まず、休養をとるにはよく眠ることです。ぬるめのお湯でゆっくり入浴する、就寝前に軽い運動をする、枕などの寝具は自分に合ったものを選び、毎晩熟睡できる環境を整えましょう。
毎日の食事には、タンパク質、ビタミンやミネラルの摂取を考えたバランスの良い栄養をとることが欠かせません。特に、ビタミンB1をはじめとするB群や、C、Eには抗疲労作用があるため、疲れを感じるときには積極的にとりたい栄養素です。イライラや緊張はカルシウムやマグネシウムの必要量をアップさせますので、日ごろから十分摂取しておきましょう。
食事だけでは十分な栄養がとれない場合は、市販のビタミン剤などを利用して、栄養を補いましょう。

疲れをとる入浴法

 

入浴には、心身をリラックスさせて眠気を誘う効果があります。深い眠りを得るには、少しぬるめの約38~40℃のお湯にゆったりつかるのがベストです。血行を促し、疲れた筋肉の緊張がほぐれていきます。入浴できなくても、洗面器やバケツに40℃ぐらいのお湯を張って足を15分ほど浸して温める「足湯」を行うだけでも効果的です。ストレス解消には入浴しながら音楽を聴いたり、アロマテラピーをとり入れるのもいいでしょう。また、お湯につかりながら疲れた部分のマッサージをするのも効果的です。

安眠を得るには、就寝1時間ほど前の入浴が良いといわれています。入浴後のリラックスした状態で、温まったカラダが冷めていくタイミングがもっとも入眠しやすく、より深く心地良い眠りが得られるでしょう。
シャワーは手軽で便利ですが、やはり疲れをとるには入浴が一番。季節にこだわらず毎日、就寝前の入浴習慣をつけたいものです。


                  

肩こりはなぜおこる?

肩こりとは、肩の周りの筋肉が疲労して緊張が高まった状態をいいます。肩や首が重荷を背負ったように苦しく、固くこわばったような不快な症状や痛みを感じます。首や肩の周辺には20種類以上の筋肉があり、「頚椎」「肩甲骨」「上腕骨」にかけての筋肉がよくこりを感じる部位です。
肩こりは、現代の職業病ともいえます。パソコン業務拡大につれ、職業性RSI(Repetitive Stress Injury:反復性ストレス障害)にかかる人が世界中で増え、米国では年間25万件以上のペースで発生していると、民間損保会社がはじきだしています。ほかにも、長時間にわたる車の運転や、重い荷物や上着、高すぎる枕などの物理的要因、緊張やストレスなどの精神的要因など、肩こりにはさまざまな原因が考えられます。急性の肩こり(主に筋性疲労)が進行すると、炎症をおこして痛んだり、腕が上がらなくなったりする慢性へと移行するため、注意が必要です。

肩こりの原因

 

  • 不自然な姿勢や同じ姿勢での長時間労働
  • 緊張やストレス
  • 過労・睡眠不足
  • 目の使いすぎ、合わないメガネやコンタクトレンズによる目の疲れ
  • 偏食・食欲不振
  • 冷え症・冷房
  • 運動不足
  • 歯痛・歯の噛み合わせが悪い
  • かぜ・内科疾患・顎関節症
  • 五十肩(関節炎の周辺組織の老化によっておこる痛みを伴った肩関節の運動制限)や変形性頚椎症の疾患

眼精疲労(目の疲れ)はなぜおこる?

目を使うといえば、従来はテレビや読書程度でした。パソコン、携帯電話、携帯ゲーム機などが普及している現代では、常に目を酷使している状態かもしれません。
眼精疲労は、目が痛い、頭が重く痛い、圧迫感がある、目がかわく、ものが見えにくくなるなどの症状として現れます。肩こりやめまい、胃部不快感が伴う場合もあり、非常につらいものです。

眼精疲労の原因

  • メガネやコンタクトが合っていない
  • 細かい活字を長時間見続けた、パソコン作業や車の運転を長時間続けたなど
  • 目に異常がある(屈折異常、老眼、ドライアイなど)
  • 体調が悪い(過労、睡眠不足、内科疾患、更年期障害など)
  • ストレス

肩こりの予防・改善

  • 姿勢を正しくする
  • 自分に合った枕や寝具を選ぶ
  • 長時間の同一姿勢をさける
  • 無理なダイエットをしない
  • 肩を冷やさない
  • パソコンのディスプレイを長時間見続けない
  • 片方だけの肩を酷使しないようにする
  • 適度な運動を日常的に行う
  • 疲労をためない
  • 首や肩関節周辺のストレッチングを行う
  • ストレスをためない
  • 栄養バランスの良い食事をする

疲れ目予防・改善

  • 適切なメガネ、コンタクトレンズをする
  • 十分に睡眠をとる
  • パソコンのディスプレイを長時間見続けない
  • エアコンなどの風を直接目に当てない
  • 目の休息を心がける
  • 紫外線を浴びない
  • 悪い姿勢で読書などをしない
  • ストレスを解消する
  • 読書時やパソコン作業時に合った照明を選ぶ

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で皆さんを元気にさせていただきます。

肩こり吹き飛ばしていきましょう。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で皆さんを元気にさせていただきました。

肩こりの悩みから解放されて楽しい人生を過ごしましょう。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

五十肩とは、肩関節の運動痛と夜間の痛みのことです。五十肩というのは俗称で、正式には肩関節周囲炎と呼びます。五十肩は、50歳代を中心とする40〜60歳代の方に多くみられます 。

肩の関節は、骨や軟骨、靭帯、腱などによって構成されています。五十肩とは、これら組織が退行変性(老化)により炎症を起こし、肩関節の関節包が狭小化した結果、肩関節の痛みや動きの制限が生じている状態です。

五十肩を発症すると、ときに日常生活に支障が生じるほどの強い症状が現れることがあります。多くの場合、運動療法や痛み止めなどの保存的な治療によって改善が可能です。五十肩が進行すると肩関節の動きが悪くなり、肩関節拘縮(こうしゅく)や凍結肩といわれる状態になることがあります。

原因

五十肩の原因は、まだ十分にわかっていないことも多いです。

五十肩の発症リスクとしては、糖尿病の治療歴や、ある種の抗がん剤(MMPインヒビター)の使用などが指摘されています。特にMMPインヒビターは、タンパク質が分解されにくくなるため、肩関節周囲炎が起きやすくなると考えられています。

症状

五十肩の症状は、五十肩の進行に応じて急性期、慢性期、回復期の症状に分かれます。

急性期の症状

五十肩が発症してから2週間ほどまでを急性期といいます。急性期では、運動時だけでなく、安静時や夜間でも肩に痛みが現れます。

このとき、肩の痛みを気にしてあまり動かさないようにすると、肩の動く範囲が徐々に狭くなる原因になります。

慢性期の症状

慢性期では肩の痛みは徐々に軽減します。しかし、この時期はまだ肩の動く範囲が狭いままです。

回復期の症状

慢性期が約半年ほど経過すると、回復期に入ります。回復期に入ると、関節の痛みや動きが徐々に軽快していきます。痛みや肩の動く範囲がほぼ元の状態に回復するには、通常約1年前後かかるといわれています。しかし、治療内容によっては数年後に再発したり、反対側に同様の症状が現れたりすることもあります

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

寝違えや肩こりなどによって首が回らない、動かしにくいと感じた経験のある人は多いでしょう。しかし、首が回らない症状が長引く・繰り返すときには注意が必要な場合もあります。

  • 首がずっと凝っていて、動かすのがつらい
  • 首を後ろに反らせることができない
  • 首の動かしづらさだけでなく、手のしびれがある

このような症状がみられた場合、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。

病気が原因で首が回らなくなることもあります。大きく分けて骨や関節の病気、または全身の病気によって起こることがあります。

原因となる病気のうち、骨や関節の病気には主に以下のようなものがあります。

頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

 

日常的にパソコンをよく使う人などに見られることがある、首が回らない、肩が痛い、首が凝る、腕がだるいといった症状を主とする病気です。同じ腕の位置が長時間続くことなどによって神経や筋肉が疲労することが原因として考えられています。

頚椎症(けいついしょう)

 

首の骨は頚椎という骨が連なって構成されていますが、この骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が加齢などによってつぶれてしまい、その結果痛みや首が回りにくいなどの症状を出すのが頚椎症です。

変形によって神経が圧迫を受けると、手足のしびれや痛み・動かしづらさなどの症状が現れます。

頚椎椎間板ヘルニア

 

首の骨と骨の間にある椎間板が正しい位置からずれ、飛び出してしまう病気です。飛び出した椎間板が近くの神経を圧迫することで、首や肩の痛み、腕の痛みやしびれ、手足の動かしづらさなどの症状が現れます。

胸郭出口症候群

 

首から出た神経は腕神経叢(わんしんけいそう)という神経の束となり腕へと続いていきますが、この腕へつながる神経が通るスペースには太い血管、筋肉、骨が密集しているため、体格や生まれつきの構造によっては神経が刺激されてしまい、首・肩・腕の痛みやしびれが起こります。この状態を胸郭出口症候群といいます。

胸郭出口症候群には鎖骨のあたりが狭くなって神経・血管が圧迫されて起こるタイプと、なで肩体型のために腕に行く神経が下の方に引っ張られて起こるタイプがあります。つり革をつかむ・洗濯ものを干すといった、腕をあげる動作の際に痛みが悪化することもあります。

頚椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)

 

頚椎の後ろにある靭帯(後縦靭帯)が骨化し神経を圧迫することで、首が回らないといった症状を引き起こします。その他手足のしびれや、細かい動きができなくなる、つまづきやすくなるなど多彩な症状が現れ、徐々に進行していくことが特徴です。

外傷性頚部症候群

 

事故などで首を捻挫(ねんざ)した後、長期にわたって首が回らない、頭痛、肩こりなどの症状が出る病気です。事故などで首に強い衝撃がかかると筋肉や靭帯が損傷を受け、これによる痛みがしばらくの間続くことがあります。

しかし骨折や脱臼などがなければ、痛みが多少あっても頚椎を動かすことがこの外傷性頚部症候群の予防になるといわれています。安静時間をなるべく短くする工夫が必要ですが、慎重な判断を要するため主治医の指示にしたがって行いましょう。

体の病気が原因で首が回らない症状が起こることもあります。

髄膜炎(ずいまくえん)

 

主にウイルスや細菌感染により、脳や脊髄を守っている髄膜や髄液が炎症を起こす病気です。

首・後頭部の痛み、特に首を前屈させると首の痛み・硬さのため曲がらない(項部硬直)が特徴的な症状の一つに挙げられます。高熱や激しい頭痛を伴うことが多いですが、中にはゆるやかに進行するものもあるため注意が必要です。

 

高血圧

 

血圧が高くなる高血圧でも首が回らなくなる・肩こりのような首の違和感を感じることがあるといわれています。自覚症状がないことも多い高血圧ですが、こういった些細な症状が気づくきっかけとなることもあります。

緊張性頭痛

 

無理な姿勢や長時間同じ姿勢が続くなどの身体的ストレスや、精神的ストレスを引き金として起こる頭痛です。首や肩・背中の筋肉が緊張することが原因で起こるため、首の動かしづらさや違和感につながることがあります。

首が回らない状態や違和感を覚える、動かしづらさを感じる状態が続いたり、頻繁に繰り返している場合には一度受診がすすめられます。また、首の症状の他に体の症状(頭痛や発熱など)がある場合には、なるべく早く受診しましょう。

首の症状だけであればまず整形外科へ、体の症状を伴う場合にはまず内科へ受診するのがよいでしょう。

医師にはいつから首の症状があるのか、その他の症状はいつからどんなものがあるのか詳しく説明することがポイントです。

日常生活上の習慣や原因によって首の回らなさが現れている場合もあります。

睡眠中不自然な姿勢が続いたことなどにより、首が回らなくなることがあります。どうして寝違えという状態が起こってしまうのか、ということについては、さまざまな説がありますが、はっきりとした原因はわかっていません。

首を寝違えたときは

 

痛みのある方向に無理に動かすなどの動作は避けたほうがよいとされていますが、改善されていくようならそれに合わせて徐々に動かしていくようにしましょう。通常は数日以内に改善することが多いものですので、それ以上続くようであれば一度整形外科で診察を受けたほうがよいでしょう。

同じ姿勢が長時間続くことで筋肉の緊張を招き、首の痛みや違和感の原因となることがあります。

PC・スマートフォンなどを使うときは

 

定期的に休息を挟んでストレッチなどを取り入れ、同じ姿勢が長時間続くことを避けましょう。特にスマホをチェックするときのうつむいた姿勢が続くことは首に負担がかかりやすいといわれています。四六時中SNSをチェックするような生活を見直すのもひとつの方法です。

慢性的な運動不足は筋力の低下や、動かさないことによる筋肉の緊張を招きます。

運動不足を解消するには

 

毎日の生活の中でできるだけ続けやすい運動を取り入れましょう。デスクワークの合間に簡単なストレッチをしたりすることもよいでしょう。

寝具が合わずによく眠れないと、特定の筋肉を緊張させ首を回りにくくします。ベッドまわりの環境について見直してみましょう。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で頑張ります。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

2人に1人がスマホ利用者!利用時間も年々増加

今やスマートフォン(スマホ)の国内普及率は約50%。つまり2人に1人がスマホを持ち、さらに10代~50代に限れば、60%超の人がスマホを利用していると言われています。
1日の利用時間は、平均「約1時間50分」。最近ではメールや電話だけでなく、SNS系やニュースなどの情報系といった、スマホならではのアプリケーションを使う時間が長いようです。こういった便利な機能は、朝の起床から通勤・通学、会社や学校、そして就寝するまで、あらゆる場面で使われ、スマホ利用時間は年々増える一方と言えます。

「スマートフォン症候群」

スマホの長時間の使用により生じる、肩こりや首のこり、腱鞘炎、眼精疲労、視力低下、ドライアイなどの症状の総称が『スマートフォン症候群』(スマートフォン症候群)。
スマホの利用に関しては、こういった身体の直接的な不調だけでなく、「スマホがないと不安を感じる」など、『スマホ依存症』も問題になっています。

スマートフォン症候群チェック

以下のチェック項目に当てはったスマホ利用者の方は、スマートフォン症候群の恐れも!

  • スマホやパソコン使用で肩こりや首こりを感じる。
  • 1日1時間以上スマホを利用する。
  • 目が疲れやすい。
  • 首を後ろに倒すと痛みがある。
  • 猫背である。
  • 頭痛持ちだ。
  • 肩が上がらない。

スマートフォン症候群の代表的な症状

肩こり

スマホを使用するときは、どうしても頭が下がりがち。この姿勢を長時間続けていると、首の後ろから肩にかけて筋肉が強張り、血流が悪化。それが肩こりの原因となります。

 

眼精疲労、ドライアイ

「眼精疲労」というのは、一晩ゆっくり睡眠を取っても目のかすみや痛みが治らない状態。ドライアイは涙の量が減るなどして、目の表面に傷が生じる病気です。これらは、スマホの画面を見るときに、自然と瞬きの回数が減り、目の乾いた状態が続いて疲労してしまうことが原因です。

 

スマホ肘

テニス肘やゴルフ肘と似たような、腕のしびれや肘の痛みを生じます。これは肘が曲がった状態で固まり、神経障害が起こったものと言われています。

スマホ巻き肩

スマホの使用で体が丸まり、頭を前に出すような形、つまり猫背になってしまい、肩が内側に丸まった状態のこと。肩こりの原因になる他、放置すると片頭痛や目のかすみなどが出る場合も。

ドケルバン病

ドケルバン病とは「狭窄性腱鞘炎」という腱鞘炎の一種。手首の親指側の腱鞘に炎症が起こるもので、妊娠時や産後、更年期の女性、そして指を頻繁に使うことで起こる病気です。手首の親指側に痛みや腫れが生じ、再発を繰り返す場合は手術をすることもあると言います。

VDT症候群

長時間ディスプレイを見ることで起こる健康トラブル。目の疲労や、首・肩・腕・腰のこりや痛み、精紳にもその症状が現れることがあります。

 

うつ症状

重要な機能を支配する自律神経が集中する首を長時間圧迫することで、副交感神経の働きを阻害し、頭痛やめまい、全身のだるさや食欲不振、不眠などの症状を引き起こすことも。こういった状況が長く続くと精神的にも悪影響がでて、うつ症状を招くことがあります。

一度なったら治らない!? ストレートネック

ストレートネックは病名ではなく、その状態のことを言います。それは、通常少し前側に張り出すようにカーブしている頚椎(首の骨)が、まっすぐになってしまっている状態のこと。正常な前湾角度は30~40度ですが、ストレートネックでは30度以下。もともと何らかの影響でこの状態になっている人も多いようですが、さらにスマホの利用などで長時間うつむいていることで、より首の生理的なカーブがなくなり、症状がひどくなるようです。

ストレートネックの症状

ストレートネックでは、頭部や重心線が背骨の前に突き出してしまうため、頭の重み(4~5kg)が、より首や背中の筋肉にかかってしまいます。これにより慢性的な首の痛みや肩こり、頭痛などが起こり、ひどくなると、吐き気やめまい、耳鳴り、上腕のしびれなどを引き起こします。上記で挙げたスマホ使用による「肩こり」も、このストレートネックが原因かもしれません。また、顎が出て、頸椎が逆カーブしてしまうと重症と言われています。ストレートネックになっても「無症状」である場合もあります。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

緊張型頭痛

【特徴は?】
緊張型頭痛は慢性頭痛のなかで最も多く、その7~8割を占めます。
精神的なストレスや不自然な姿勢、疲労などによって身体の筋肉が緊張し、血管を圧迫、血液の循環が悪くなって起こります。男女を通じて、中高年に比較的多く見られますが、最近はゲーム世代と呼ばれる若い人たちにも少なくありません。


【どのような痛み?】
頭を鉢巻で締めつけられているような痛みが特徴です。後頭部を中心に、側頭部や首筋にかけて痛みます。いつとはなしにジワジワと痛くなり、だらだらと続く痛みで、頭痛とともに肩や首筋のコリを伴うこともあります。また、筋肉の緊張が目の奥にまで影響し、目の疲れやめまいが生じることもあります。
夕方に痛みが起きたり強まったりするのも特徴です。これは、仕事などによる精神的・身体的ストレスが蓄積されることが原因だと考えられます。
 

 

【痛む部位】

肩から背中にかけての僧帽筋が緊張し、それが頭の後頭筋や側頭筋にも伝わります。  

 

【原因は?】

○身体的ストレス ・姿勢の悪さ(うつむき姿勢など)
・長時間の運転
・枕の高さが合わない
・携帯メールやゲーム、パソコンのやりすぎ
○精神的ストレス  

・不安や緊張、抑うつ状態

 

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万人以上が悩んでいるといわれます。 これほど身近ということもあって、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合や、背後に命にかかわる病気が隠れていることもあります。
頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、それよって予防法や対処法が大きく異なるため、一歩間違えればかえって痛みが悪化するなど、逆効果にもなりかねません。

原因

脳の血管が拡がって痛む「片頭痛」 頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

一方、「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、また「片頭痛」を併せ持つ人もいます。

症状

脈打つように痛み、吐き気も伴う「片頭痛」 頭全体が締め付けられるように痛い「緊張型頭痛」

「片頭痛」が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。
頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。

「片頭痛」の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

いったん痛み出すと2~3日間は続き、1ヶ月に1、2度、多い人では1週間に1回と周期的に頭痛を繰り返します。

一方、午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいのが「緊張型頭痛」。後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。

吐き気や嘔吐などといった頭痛以外の症状は現れず、日常生活への支障も片頭痛ほどではありませんが、数時間で治まる場合や、頭痛が数ヶ月以上も続くなど、慢性化するケースもあるようです。

予防法と対処法

■片頭痛の予防法

  • 1)頭痛日と環境をチェック
  • たとえば人ごみや睡眠不足など、どのような環境が重なったときに片頭痛が起きるかを記録しておくことで、原因となる環境を特定し、該当する時期にそうした環境を避けるようにします。
  • 2)週末の寝だめは避ける
  • 寝不足、寝過ぎ、疲労、空腹など体のストレスは片頭痛の引き金になるので避けましょう。とくに週末の寝だめや二度寝は、空腹と寝すぎが重なって片頭痛を重くするので要注意です。
  • 3)頭痛の誘発食品を控える
  • チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルト、赤ワインなど片頭痛を誘発するといわれる食品の摂り過ぎには注意しましょう。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり一発解消で頑張ります。

肩こり吹き飛ばしていきましょう。

健康な体は財産です。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

パソコン作業のせいで肩こりがひどい。首のこりも…【原因と対策】                                         

1日中パソコンに向かって仕事をしている人に多いのが、肩こりや首こり。目の疲れを感じている人も多いようです。この記事では、そんな疲れや不調を解消するコツや役に立つ対策をお届けします。肩こりや首こりを予防する正しい座り方を覚え、痛みや疲れの原因となる冷えも防ぎましょう。

パソコン仕事などによる長時間の同じ姿勢は、首や肩への大きな負担です

パソコン画面の注視やキーボード操作などを同じ姿勢で続けた場合、首や肩などの筋肉が緊張し続けます。筋肉には血液を送り出すポンプのような働きがあるので、筋肉の緊張が続くと血めぐりが悪くなり、首や肩のこりや痛みを招く原因になります。

特に、前のめりやうつむき加減の姿勢で作業を続けていると、背骨(脊椎)本来のカーブがなくなり、首よりも頭が前に出てしまうという指摘もあります。首から腰にかけての背骨のカーブは、衝撃を吸収したり肩こりや首こりを防いだりする役目があるので、カーブがなくなると、疲れや痛みが出やすくなります。

「1日中パソコン作業をしている」「ディスプレーや書類を長時間見ている」という人は、ディスプレーや椅子の高さを調整するなど、首や肩に負担をかけにくい正しい姿勢で作業できる環境に整えましょう。1時間に一度は10~15分の休憩をとるのも重要。ストレッチで筋肉をほぐす、遠くの景色を眺める、目を閉じるなどして、心身のリフレッシュも心がけましょう。

 

知っておきたい!パソコン作業から首や肩を守るセルフケアの5つのコツ

「パソコン作業のせいで肩こりがひどい。首のこりも…」。そんな不調の対策や予防法をご紹介します。自分に合ったセルフケアを上手に取り入れて、肩こり首こりをやわらげましょう。

コツ1.椅子やパソコン画面の高さをチェック!

長時間のパソコン作業をする人にとって、自分の体に合った作業環境をつくり、首や肩への負担を減らすことは非常に大切です。椅子の高さは、足の裏全体が床にくっつく高さがおすすめ。さらに、腰をかけたときに膝頭の位置がお尻よりやや高い位置になるように調節しましょう。椅子の高さを変えられない場合は、足元に台を置きます。

ふかふかの椅子は気持ちよさそうなイメージがありますが、首や肩にやさしいのは、硬めの座面。高さを調節する際に、硬めの座布団を活用するのも一つの方法です。

椅子そのものを替えられるなら、深く腰をかけたときに膝裏と座面のふちの間にこぶし一つ分の空きができる椅子が理想的。座面のお尻側が膝側よりも少し低く傾斜しているかもチェックします。背もたれも重要です。背中のS字型カーブにフィットした背もたれが肩甲骨の下まで届いている椅子を選びましょう。

椅子の高さを見直したら、ずっと見つめ続けるディスプレーの高さも調整しましょう。

<デスクワークの基本の姿勢>

座ったときに足の裏全体が床につくのが、ちょうどよい高さ。調整できないときは、足元に台を置く、硬めの座布団を敷くなどの工夫を

コツ2.冷える職場環境にいる人は、首や肩を温めよう

夏場のエアコンが効きすぎた部屋など、冷える職場で同じ姿勢を続けていると、疲れやこりがさらに悪化することもあります。冷えにより筋肉が緊張し続けることで血行が悪くなり、疲労物質や発痛物質が流れ去らず、滞留するからです。

私服勤務の人は、シャツなどの襟のある服を着る、スカーフを巻くなどで、首や肩を冷やさないようにしましょう。貼る使い捨てカイロで肩や首を温めることもおすすめします。

蒸しタオルを使うときはやけどに注意

コツ3.疲れた目を温めると首や肩のこりがやわらぐことも

パソコン作業による身体の疲れや不快感は、目の疲れ(眼精疲労)と直結していることが多いと指摘されています。それを示すように、仕事でパソコンなどを使う作業をしている人のうち、身体的な疲労や症状を感じている人の90%以上が「目の疲れ・痛み」を感じているという調査結果があります(*1)。

「目が疲れて見えにくいから前かがみの姿勢になって首や肩がこる」「長時間の不自然な姿勢が首や目などに疲れを及ぼしている」のどちらのケースも考えられますが、目を温めて気持ちがよいと感じたら、疲れ目が首や肩のこりを悪化させている可能性があります。

その場合は、蒸しタオルなどで目を温めましょう。目のピント調節力の改善やリラックスにもつながります。蒸しタオルを使うときはやけどに注意してください。

 

コツ4.バスタオル枕や簡単ストレッチで「ストレートネック」対策

長時間のデスクワークなどで、前のめりの姿勢を続けると、ゆるやかなカーブを描いていた首の骨(頸椎)が前方へまっすぐ伸びた「ストレートネック」になる場合があります。

自然なカーブを描いていた首の骨が、前屈みや猫背の姿勢が原因で伸びてしまうのがストレートネック。立ったときに、首より頭が前に出た状態になる

 

首の骨のカーブには、首や肩の疲れを防ぐ働きがあるので、ストレートネックになると、首や肩の筋肉に大きな負担がかかります。これを簡単に予防できるのが、バスタオルを丸めた首枕。寝るときに首の下に置くと、本来の首の骨のカーブに近づくことができます。

休憩時間には、体を動かしてこり固まった筋肉をほぐすのが一番ですが、作業に追われる人はなかなかそうもいかないもの。そこで、椅子に座ったままできるストレッチをご紹介します。どちらの動作も息をゆっくり吐きながら行うのがポイントです。一つの動作を20秒くらい、3セット以上繰り返すとよいでしょう。

(1)片方の腕でもう一方の肘を抱えるようにして斜め後ろに持ち上げる。肩や肩甲骨の周りの筋肉が伸びているのを意識しながら、20秒ほど静止
 
(2)片方の腕を頭の後ろで曲げ、肘をもう一方の手で引き、脇の下や背中の筋肉を伸ばし、20秒ほど静止。(1)と(2)を3セット以上繰り返す

 

コツ5.ガチガチの肩や首を入浴で温めほぐす!

肩や首の筋肉が緊張して血行が滞っている場合、夜はシャワーで済ませず、できるだけ湯船につかりませんか。温熱作用により血めぐりがよくなるので、血液中に滞留していた痛みや疲労のもとを流し去ることができます。

お風呂に入ると、体に水圧がかかるので、長時間の座り仕事で足のむくみが気になっている人にも効果的です。お湯の温度は熱すぎない38~40℃くらいがおすすめ。10分以上つかってじっくりと温まりましょう。

広島西区整体 大元気整体院

 

あなたの肩こり一発解消ブログ

本日も肩こり吹き飛ばしていきましょう。

健康は人間にとって財産です。

広島西区整体 大元気整体院

あなたの肩こり一発解消ブログ

世の中は本当に便利になりました。
お腹がすけばすぐに何か食べる事ができます。
料理を温め直すのも1分でチーン
料理を作るのが面倒なので、レトルト食品。
掃除も雑巾掛けは足腰がしんどいから◯イックルワイパー。
和式トイレは面倒だから基本洋式。
歩くの面倒だから車。
上げるときりがないくらい、世の中は便利な物で溢れています。
でもそのメリットばかりを見ていて、デメリットって考えた事はありますか?
電子レンジってものすごく電磁波をだします。
その電磁波を浴びた食品は、細胞が破壊され栄養素は97パーセント失われると言われています。
ただでさえ、現代の野菜は育てやすいように品種改良を繰り返され、昔ほど栄養はないといわれています。
電子レンジで被曝した栄養のないご飯をわざわざ食べていては、せっかくの食事が台無しです。
それに電子レンジで温めなおしたおかずやご飯など、味が変わりませんか?
昔は私もケミカルだらけな生活をしていた時は気になりませんでしたが、今は味が変わるのがわかります…
そしてとっても便利な「レトルト食品」や「お惣菜」。
食べたい物がすぐ買えて、食べれる。
このメリットの裏側をご存知ですか?
この便利さを支えているのは「添加物」です。
腐らないように保存料
色艶を出すため発色剤
おかずが汁でべちゃべちゃにならないように乳化剤
コストを下げるためのカサ増しに様々な添加物を投入
たまになら良いですが、1週間のうち何日も続くと肝臓や腎臓、身体に負担がかかります。
何故か頭痛がする
身体が怠い
思考が働かない、ネガティブ思考になりやすい
朝起きるのが辛い
肌荒れが治らない
ちょっとした変化なので、普段気にしていない症状ですがその不快症状…
添加物が原因になっている可能性大です
そして昔は当たり前にしていた雑巾掛けや和式トイレ。
昔の人は足腰がとても強かったです。
それは毎日「しゃがむ」ことをして日々必然的にスクワットをしていたからではないでしょうか?
食卓も椅子なんかありませんでした。
床に座って正座です。
今では椅子に少し腰掛けて立つだけ。
筋肉の稼動範囲が全然違いますね。
こんな便利な世の中なので、身体は怠け放題です。
昔の女の人が、ナプキンもつけずに当たり前のようにトイレで排血していたのも納得です
ナプキンがあるからそこにお漏らしする。
紙オムツで濡れた感覚がわかりにくいから、オムツが外れにくい。
手軽に食べられるお惣菜があるから、身体に悪いとわかっていても手を出してしまう。
美味しい甘いスイーツが、コンビニやスーパーで手軽に買えてしまうから「自分のご褒美に」と理由をつけて毎日手を出してしまう。
レンジがあるから使っちゃう。
エレベーターやエスカレーターがあるから乗っちゃう。
あるから使ってしまうんです
広島西区整体大元気整体院